足摺岬・竜串・宿毛周辺の観光スポット 足摺海底館など 

足摺海底館(高知県土佐清水市竜串)
水深7mの海の様子を観察できる海中展望塔。らせん階段を下りていくと、直径60cmの丸窓から熱帯魚が泳ぐ海の世界が楽しめる。併設のレスト竜串では、海を見ながら軽食を。特産品を取りそろえた土産コーナーもある。

足摺岬灯台(高知県土佐清水市足摺岬)
1914年(大正3)の点灯で、1960年(昭和35)に改修された白亜の灯台。岬のシンボルになっている。地上〜頂上部は18.1m、水面〜灯火の高さは60.6m。220万カンデラの光度は日本最大級といわれ、光達距離は38km。

臼碆展望台(高知県土佐清水市松尾)
足摺岬の西、松尾海岸西端に突き出た断崖に立つ。黒潮が直接陸地に接近する数少ない場所で、磯釣りのメッカ。展望台からは東に足摺岬や西に竜串や叶崎[かなえざき]を遠望でき、夕刻には海が茜色に染まる。

海のギャラリー(高知県土佐清水市竜串23-8)
1967年(昭和42)、珍しい貝を収蔵する貝類展示施設としてオープン。土佐沖に生息する貝類を中心に世界中から収集された収蔵品は数万点にもおよび、学術的に貴重な物もある。建物は日本を代表する建築家、林雅子氏の設計によるものだ。

大堂海岸(高知県幡多郡大月町)
宿毛の南、大月半島先端部南側にあるリアス式海岸。高さ120〜140mの断崖が十数kmに渡ってそそり立ち、紺碧の海とのコントラストが魅力。途中の展望台からは九州の山々も遠望できる。

沖の島(高知県宿毛市)
宿毛の沖合い24kmの太平洋上に浮かぶ四国西南端の島。島の周囲を断崖絶壁が取り囲み、海はサンゴの宝庫で、ダイビングや釣りのメッカとして知られる。また、夏は島を訪れる多くの海水浴客で賑わう。

観音岩(高知県幡多郡大月町)
海上にそびえる高さ30mの細長い巨岩。かつては沖を航行する船に灯台のように光を送り、安全な航路を照らしだしたという言い伝えもある。

咸陽島公園(高知県宿毛市大島)
片島から大島橋を渡った、大島の先端にある海浜公園。春は桜の花見、夏は海水浴客で賑わう。公園の沖に浮かぶ咸陽島は、干潮時には歩いて渡ることができる。光の屈折によって沈む太陽が2つに見える「だるま夕日」でも知られ、11月中旬から2月中旬に見られる。

高知県立足摺海洋館(高知県土佐清水市三崎字今芝4032)
土佐湾に生息する、約150種3000匹の海の生物を紹介する水族館。メインは、1〜2階を貫く直径9m・高さ6mの巨大な円筒形の水槽。カンパチなど、黒潮をすみかとする約50種類の魚に出合える。ヤドカリなど、小さな海の生物に直接触れられるタッチングプールもあり。所要40分。

金剛福寺(高知県土佐清水市足摺岬214-1)
四国霊場第38番札所で、822年(弘仁13)嵯峨天皇の勅願を受けて弘法大師が開基した古刹。本堂には大師自刻と伝わる三面千手観音像が納められている。愛染堂にある愛染明王(県文化財)は平安末期の珍しいもので、奈良の興福寺から一條家が鎌倉時代に奉納した。脇には象頭人身[ぞうとうじんしん]の聖天像が祭られている。仏像は正月三が日と涅槃会(旧暦2月15日)、祇園会(旧暦7月15日)のみ一般公開。

宿毛歴史館(高知県宿毛市中央2-7-14)
かつて城下町として栄えた宿毛の歴史を紹介する資料館。宿毛周辺の出土品や、土佐を治めた一条氏、長宗我部[ちょうそかべ]氏、山内氏などの遺品も展示されている。土佐藩の執政、野中兼山の遺族が40年にわたって宿毛に幽閉された史実を、娘婉[えん]が回想するドラマ仕立ての映像はみもの。所要30分。

竜串海岸(高知県土佐清水市竜串)
竜串海岸は、砂岩が波食[はしょく]や風食[ふうしょく]を受けて形成された海食台地。土佐清水市街の西約8kmに位置する。大竹・小竹は、巨大な竹を何本も横倒しにしたように見え、随所に節のような割れ目さえある。地層の中に残された古生物の足跡や排泄物、糞石など、地質学的に貴重なものも多い。

見残し海岸(高知県土佐清水市竜串)
千尋岬の西岸に位置し、弘法大師も見残したことから、この名があるという。竜串海岸同様の海食台地で、1周約50分の遊歩道がある。手を打つとポンと音が返ってくる鼓岩[つづみいわ]のほか、男女の姿を連想させる愛情の岩、竜宮城など自然の彫刻が目をひく。さざ波がそのまま化石になったかのような化石漣痕[かせきれんこん]は天然記念物に指定されている。

土佐清水ジョン万次郎くろしお社中(高知県土佐清水市養老303)
万次郎は日本人として初めてアメリカの歴史に名を刻んだ人物。万次郎がアメリカで得た経験・知識は龍馬や岩崎弥太郎など多くの幕末の志士に影響を与えた。大河ドラマ関連の資料なども展示している。

足摺岬自然遊歩道(高知県土佐清水市足摺岬)
足摺岬灯台を中心に岬を巡る遊歩道。起点はジョン万次郎像で、突き当たりに足摺岬展望台がある。ここで道は二手に分かれ、左へ行けば天狗の鼻展望台へ出る。右は椿のトンネルを抜け足摺岬灯台や太平洋の荒波が岩山に穴を穿った白山洞門[はくさんどうもん]へと続く。ジョン万次郎像から白山洞門まで所要30分。

竜串グラスボート(高知県土佐清水市三崎)
足摺宇和海国立公園に属する一帯は、サンゴが育ち、その間を色鮮やかな熱帯魚が遊泳している。見残し海岸付近には、国の天然記念物のシコロサンゴもある。船底がガラス張りになっているグラスボートで、この海底の光景が楽しめる。乗り場は足摺海底館近く。所要30分。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。