南国・龍河洞・嶺北周辺の観光スポット アンパンマンミュージアムなど 

大原富枝文学館(高知県長岡郡本山町本山568-2)
本山町出身の作家大原富枝の作品と、その半生を紹介する文学館。代表作『婉[えん]という女』は、野中兼山の娘・婉をモデルにして描かれた作品。館内には直筆原稿や創作ノートのほか、三島由紀夫らの書簡なども展示されている。所要30分。

長尾鶏センター(高知県南国市篠原48)
珍鳥オナガドリ(特別天然記念物)は、江戸時代に土佐で作られたニワトリの一品種。天然記念物に指定された1923年(大正12)当時、原種の尾羽は2m足らずだったが、現在は10m以上もの長さに改良されている。

梶ケ森天文台(高知県長岡郡大豊町佐賀山1248-3)
山荘梶ケ森の中にある、西日本最大級の口径60cmの反射望遠鏡を備えた天文台。土星の輪や木星の縞模様も見ることができる。

香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム(高知県香美市香北町美良布1224-2)
アンパンマンの原作者、やなせたかしの故郷にある美術館。館内にはアンパンマンの絵本原画やタブロー画の展示ほか、アンパンマンの町を再現したジオラマなどがあり、大人も子どもも楽しめる。アンパンマンミュージアムに隣接して、詩とメルヘン絵本館もある。

帰全山公園(高知県長岡郡本山町本山)
シャクナゲの名所で、4〜5月になると公園全体が淡いピンク色に染まる。かつては土佐藩の執政、野中兼山の領地。園内には兼山の銅像や兼山の母の墓など、一族ゆかりの史跡が多い。桜の開花期も多くの花見客で賑わう。

高知県立のいち動物公園(高知県香南市野市町大谷738)
人と動物をさえぎる檻や柵がほとんどなく、植物や岩などで動物の生息地に近い環境を再現した動物公園。温帯の森、熱帯の森、アフリカ・オーストラリアゾーン、ジャングルミュージアムなどのエリアに分かれた園内には、約100種類約1500匹の動物が暮らしている。キリン、レッサーパンダ、ペンギンなどの人気動物のほか、世界的にも珍しいドウグロタマリンなども見られる。ふれあいコーナーや裏側探検、お食事タイムなど体験イベントも充実。レストランでは、動物カードが付いたオリジナルメニューが楽しみだ。

高知県立歴史民俗資料館(高知県南国市岡豊町八幡1099-1)
四国を代表する戦国武将・長宗我部氏の居城、岡豊城跡(史跡)に立つ資料館。所要45分。

早明浦湖(高知県土佐郡土佐町田井)
西日本一の規模といわれる早明浦ダムのダム湖。湖沿いには、2000本のソメイヨシノをはじめ数種類の桜が植えられ、春には花が咲き誇る。8月第1土曜には、地域最大の夏祭り「やまびこカーニバル」を開催。花火も打ち上げられる。また、11月第2日曜に開催される「湖畔マラソン大会」も、多くのランナーが参加する。

四国自動車博物館(高知県香南市野市町大谷896)
フェラーリ、ポルシェ、アルファロメオ、ランチア、ランボルギーニ他、国内外の名車・バイクを約70台展示。クルマ好きには夢のような博物館だ。日本車もトヨタ2000GTなど、時代を築いた名車が一堂に。バイクのコレクションもすばらしい。

定福寺(高知県長岡郡大豊町粟生158)
724年(神亀元)、行基の創建と伝わる寺。宝物館にある6体の地蔵菩薩立像(県指定文化財)のうち、3体は微笑を浮かべており、日本で唯一の笑い地蔵と伝えられる。境内には万葉植物園があり、6月下旬〜8月上旬にオオガハスの花が咲く。定福寺豊永郷民俗資料館(入場100円)もある。

杉の大杉(高知県長岡郡大豊町杉)
八坂神社境内にある推定樹齢3000年の巨木で、国の特別天然記念物。南大杉(根回り20m、高さ60m)、北大杉(根回り16.5m、高さ57m)と呼ばれる2本の大樹が根元で1株になり、夫婦杉[めおとすぎ]の名もある。そばに、この地にゆかりのある美空ひばりの遺影碑や歌碑が立つ大杉の苑がある。

轟の滝(高知県香美市香北町猪野々柚ノ木)
物部川の支流・日比原川上流にある、落差82mの三段滝。最上段の滝壺は直径約15mの甌穴で、周辺は春の桜や夏の深緑、秋の紅葉と美しい景勝地として知られている。県天然記念物・名勝。「日本の滝百選」にも選定。玉織姫にまつわる、平家伝説の悲話も伝わる。

豊楽寺(高知県長岡郡大豊町寺内314)
724年(神亀[じんき]元)、行基[ぎょうき]の創建といわれる古刹。国宝の薬師堂は平安期の建立で、単層入母屋造、優美な曲線を描く柿葺[こけらぶき]の屋根と深い軒が当時の建築様式を伝える。ほかに瑠璃光殿、大師堂、庫裏があり、薬師堂に安置されている3体の如来坐像[にょらいざぞう]は重要文化財に指定されている。電話にて事前に予約すれば拝観することも可能だ。

ゆとりすとパーク植物園(高知県長岡郡大豊町中村大王4037-25)
標高750mの高原リゾート。温室ではハーブや季節の花々が花を咲かせ、リース作り500円〜や芝生広場ではソリ遊びも楽しめる。併設のオートキャンプ場(1区画2625円〜、コテージ1泊1棟1万5750円)では、夜になると満天の星を眺められる。地元食材にこだわったメニューが味わえるレストランもあり。

龍王の滝(高知県長岡郡大豊町佐賀山)
標高1400mの梶ケ森の7合目にある滝。日本の滝百選、土佐の名水40選にも選ばれた落差20mの名瀑だ。

龍河洞(高知県香美市土佐山田町逆川1424)
1億7500万年もの歳月が造り出した、日本有数の鍾乳洞。鍾乳石や石筍[せきじゅん]など自然の造形美が楽しめる。全長4kmのうち約1kmが観光コース(所要30分)。所要90分の冒険コース(1500円、要予約)も用意されている。龍河洞博物館・珍鳥センターは無料。

龍馬歴史館(高知県香南市野市町大谷928-1)
坂本龍馬の33年の生涯を180体のリアルなろう人形で再現した歴史館。生涯を26の場面に分け、誕生から暗殺までを年代順に追い、龍馬を取り巻く人々やエピソードでつづり、迫力満点。ほかにJ・F・ケネディなど、世界の偉人のろう人形も展示。所要40分。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。