「いろは丸事件」が発生

「いろは丸事件」が発生

海援隊規約によると、隊の主要目的は土佐藩の援助を受けて土佐藩士や他藩の脱藩者中の海外事業に志を持つ者を引き受け、運輸・交易・開拓・投機等の商業活動を行い土佐藩を助けることされ、隊士は土佐藩士(千屋寅之助・沢村惣之丞・高松太郎・安岡金馬・新宮馬之助・長岡謙吉・石田英吉・中島作太郎)および他藩出身者(陸奥陽之助(紀州藩)・白峰駿馬(長岡藩))など16〜28人、水夫を加えて約50人から成っていた。 同時期、中岡慎太郎は陸援隊を結成している。

海援隊結成から程なく「いろは丸事件」が発生した。4月23日晩、大洲藩籍で海援隊が運用する蒸気船「いろは丸」が瀬戸内海中部の備後国鞆の浦沖で紀州藩船「明光丸」と衝突し、「明光丸」が遥かに大型であったために「いろは丸」は大きく損傷して沈没してしまった。龍馬は万国公法を基に紀州藩側の過失を厳しく追求、さらには紀州藩を批判する流行歌まで流行らせるなどした。後藤ら土佐藩も支援した結果、薩摩藩士・五代友厚の調停によって5月に紀州藩は、いろは丸が積んでいたと龍馬側が主張したミニエー銃400丁など銃火器3万5,630両や金塊や陶器などの品4万7,896両198文の賠償金8万3,526両198文の支払に同意した。

海運通商活動以外に龍馬は蝦夷地や竹島の開拓も構想しており、後年妻お龍も「私も行くつもりで、北海道の言葉の稽古をしていました」と回顧している。一方で、海援隊の経済状態は苦しく、開成館長崎商会主任の岩崎弥太郎(三菱財閥創業者)はたびたび金の無心に来る海援隊士を日記に「厄介もの」と書き残している。


高知県 高知・南国・土佐 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
高知・南国・土佐 楽天トラベル格安ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。