船中八策と大政奉還

船中八策と大政奉還

いろは丸事件の談判を終えた龍馬と後藤象二郎は慶応3年(1867年)6月9日に藩船「夕顔丸」に乗船して長崎を発ち兵庫へ向かった。京都では島津久光、伊達宗城、松平春獄そして山内容堂による四侯会議が開かれており、後藤はこの為に京都へ呼ばれていた。龍馬はその船上で政治綱領を書き上げ、後藤に提示した。それは以下の八項目であった。

政権を朝廷に奉還し、政令は朝廷より出すべき事(大政奉還)
上下議政局を設け、議員を配置して政事を参照し、政事は公議を以て決定する事(議会開設)
有能な公卿諸侯その他の才人を顧問として官爵を賜い、従来の有名無実な官位は除くべき事(官制改革)
外国との交際は広く公議を採り、新たに至当な規約を成立せしむ事(条約改正)
古来の律令を折衷し、新たに法典を撰する事(憲法制定)
海軍を拡張する事(海軍の創設)
御親兵の設置を以て帝都の守衛をなす事(陸軍の創設)
金銀物価は外国と均しく法を設ける事(通貨政策)
以上の八項目は「船中八策」として知られることになる。長岡謙吉が筆記したこれは、横井小楠の『国是七条』を原案としたもので、後に成立した維新政府の綱領の実質的な原本となった。

龍馬の提示を受けた後藤は直ちに京都へ出向し、建白書の形式で山内容堂へ上書しようとしたが、この時既に容堂は土佐に帰国しており、この為、大坂で藩重臣と協議してこれを藩論となした。次いで後藤は6月22日に薩摩藩と会合を持ち薩摩側は西郷隆盛、小松帯刀、大久保一蔵、土佐側からは坂本龍馬、中岡慎太郎、後藤象二郎、福岡孝悌、寺村左膳、真鍋栄三郎が代表となり、船中八策に基づいた王政復古を目標となす薩土盟約が成立した。後藤は薩摩と密約を成立させる一方で、土佐に帰って容堂に上書を行い、これから程ない6月26日、芸州藩が加わって薩土芸盟約が成立した。


高知県 高知・南国・土佐 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
高知・南国・土佐 楽天トラベル格安ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。