坂本龍馬の名前を冠した施設

坂本龍馬の名前を冠した施設

高知県立坂本龍馬記念館
高知龍馬空港龍馬の銅像がある高知県高知市桂浜近くには平成3年(1991年)11月に開館された高知県立坂本龍馬記念館がある。
龍馬の出生地である高知市上町には平成16年(2004年)に開館された高知市立龍馬の生まれたまち記念館があり、周辺の史跡をめぐるルートとして「龍馬を育てた道」と名づけられた道がある。
龍馬の同僚であった海援隊隊士の新宮馬之助の出身地である香南市野市町には蝋人形館の龍馬歴史館がある。

亀山社中が結成された長崎県長崎市には平成元年(1989年)に建立された坂本龍馬之像と同7年(1995年)に建立された龍馬のぶーつ像がある。

坂本家の子孫にゆかりがある北海道函館市には平成21年(2009年)11月より開設された北海道坂本龍馬記念館がある。

平成17年(2003年)8月、高知県内経済団体などから成る「高知・龍馬空港を実現する会」の請願活動により、橋本大二郎高知県知事が高知空港の愛称を「高知龍馬空港」とすることを表明。同年11月15日に愛称が公式化された。

その他
京都国立博物館には数箇所の血痕が残る掛け軸が所蔵されている。それは淡海槐堂が暗殺当日に誕生日祝いとして贈った『梅椿図』という作品である。付着した血痕は暗殺された龍馬らのものとされている。

平成12年、京都国立博物館所蔵の坂本龍馬関係の資料が国の重要文化財に指定された。幕末の人物資料が重文に指定されるのは、初めてだった。龍馬が乙女あてに、西郷との交流や妻・お龍との新婚生活ぶりを詳細に記した書状や、海援隊に関する基礎資料などの記録類。『梅椿図』、衣類なども指定された。

大旗一生の旧芸名である坂本一生は龍馬にちなんで付けたものである。
THE ALFEEのシングル『夜明けを求めて』のジャケットに龍馬の写真が使われている。


高知県 高知・南国・土佐 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
高知・南国・土佐 楽天トラベル格安ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。