第二十七番札 神峯寺

神峯寺(こうのみねじ)は、高知県安田町唐浜にある寺院。宗派は真言宗豊山派。竹林山(ちくりんざん)、地蔵院(じぞういん)と号する。本尊は十一面観音。四国八十八箇所霊場の第二十七番札所。真っ縦(まったて)と呼ばれる急な山道を登った山上にあり、四国八十八箇所屈指の難所として知られた。

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

ご詠歌:み仏の 恵みの心 神峯 山も誓ひも 高き水音

寺伝によれば神功皇后が朝鮮半島進出の戦勝を祈願し天照大神を祀ったのが起源とされ、天平2年(730年)に聖武天皇の勅を受けて行基が十一面観世音菩薩を刻み、本尊として合祀し開創したという。その後大同4年(809年)に空海(弘法大師)が堂宇を建立し、観音寺と号したといわれる。

幕末、三菱財閥創始者岩崎弥太郎の母は弥太郎の開運を祈願して現在の安芸市より片道20キロメートルの道のりを素足で21日間通い続けた逸話がある。

明治初年の神仏分離令によって廃寺となり、本尊は金剛頂寺に渡されたが、明治20年(1887年)に茨城県の竹林山地蔵院の寺格を移して再興され、昭和に入って神峯寺と称するようになった。

仁王門をくぐると左に手水場があり、その先右側に鐘楼が、左側に庫裏・納経所があり、石段手前の右側に神峯の水が湧いている。石段を上って行くと聖観世音菩薩像が立っており左に進むと本堂が、右に進むと大師堂がある。

高知県 高知・南国・土佐 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
高知・南国・土佐 楽天トラベル格安ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。